サヤマ・リマスタリング

楽しきかな、我が解説人生(2/2)

小島伸幸(NHKサッカー解説者/日本大学サッカー部コーチ)
kojima
自身のGK時代を振り返ってもらうと、およそ以下のようになる。

「シュートを打たれたら小さいGKのほうが反応が速いですからね。僕はカラダがでかいんで、前に少し出ることでシュートコースを消していました。手足を伸ばすだけでも或る程度のところまでは守れちゃうのでそういう風にしていました。ただカラダを相手のいちばん決めやすい距離感のところに置きたくなかったんで、そうなりそうな時は敢えて全く動かなかったりということもしました。蹴られてから反応しなきゃならない商売なので、そこのところはやっぱり気をつけましたね」

 1966年生まれの小島はJSL(日本サッカーリーグ)の体験者でもある。新島学園高校と同志社大学時代は、GKの先輩に教わる程度で殆ど我流だったという。

「小学校の時は野球、サッカー、水泳を掛け持ちしていました。最初は野球少年だったんですが、小4のときに靴の踵をふんづけていたら、『おまえ、もう来るなッ!』(笑)。本格的にGKを始めたのは高校からです。'88年に入部したフジタ工業にもGKコーチはいなかったですね。キーパー出身のOBの方が、パートタイムで来て教えてくれたりはしましたけど、より具体的なかたちでの指導のバリエーションを受けられるようになったのはJリーグのベルマーレ平塚になって1年目か2年目です。30歳になるちょっと前ぐらいでしたから。ユース年代の代表合宿に行けば、住金の小松義典さん、日立の瀬田龍彦さんたちに教わることはできたんですけどね。……しかし練習大嫌いだったくせに、何で俺、こんな偉そうなこと言ってんだろう(笑)」

 '85年87年ザグレブ・ユニバーシアード大会代表を経て、フジタに入ったばかりの『第24回日本サッカーリーグ'88~'89 1部プログラム』にはこう記されている。

《背番号21 新人選手 小島伸幸 (1)GK(2)昭41・1・17、O型(3)22歳(4)群馬(5)同大(6)187・6cm(7)79・4kg(15)小学5年生(16)野球よりおもしろそうだったから(17)野球、テニス、アメフト(19)高さを生かした、思いきったプレー(19)シュート一球一球を大切に練習したい(20)リーグでやっていけるような身体づくり》

「実は、この時まだ同志社大学に在学中なんです。留年しちゃったんで登録だけ終えたアルバイト選手。授業の時の交通費だけもらっていました。僕は小島製作所という町工場の長男として生まれました。お祖父さんは会社を継いで欲しかったようですけどね。中・高はエスカレーター式。大学はスポーツセレクションでした。この頃のフジタは午前中だけ勤務。ただシーズンオフは終日勤務でした。それでも総務部の女の人に『自主トレ行って来ます! 勝負勘磨いてきます』と言って平和島競艇方面とかね(笑)。2級上の宮沢ミッシェルさんはフジタで営業やってたんじゃないかな」

 昔懐かしいプログラムを持参したのがいけなかった。「懐かし過ぎ!」と言ってからサービス精神旺盛なのぶさんのプログラム解説が始まった。

「僕に出番が回って来たのはリーグの3試合目でした。……おっ、フジタのこの人は、ドイツ大会で主審として活躍された上川徹さんだ! DF登録ですけど、オールラウンドで何でも出来るんです。GKのユニフォームも持ってましたからね。名塚(善寛)は今、コンサドーレ札幌U-12のコーチです。(注:2013年よりトップチーム・コーチ)」

 当時闘った選手たちの中で特に手こずった選手はと聞いてみると、

「DFオスカー(日産)がまず凄かったですね。アルゼンチンから来たMFホルヘ(全日空)のCKは速くて曲がって落ちるボール。ダイレクトで狙って来てそのまま入りそうなんですよ。FW前田治(同)とはユニバ代表で一緒でしたけど、ドリブルからニアサイドにシュートを打たれるのを分かっていてもやられるんです」

 オールドファンでさえ忘れている、平野直樹(松下)に、MF矢頭敏則(本田)、DF金子“ゴルゴン”久(古河)といった選手の顔を見つけて懐かしがるあたりにも年輪を感じる。

「フジタはサッカー選手に優しい会社でした。僕は、電話の応対も極力しないようにしたりで、社会勉強を殆どしていないんです。最近寂しかったのは、自分が平塚時代に使わせてもらっていた大神グラウンドとクラブハウスが松蔭大学に譲渡されたことです。帰っていく場所がなくなるような感じがして残念です。新幹線の鉄橋の下の掘建て小屋から始まったのが立派になって、Jリーグって凄いなあと思ったものですよ。この間、ザスパ草津と湘南の練習ゲームがあったから行って来たんです。思い出がいっぱいあって語り尽くせないですよ。僕らのことまで歴史から消えてしまいそうで非常に寂しい……」

 競馬予想や推理小説好きでも知られるチョイ粋オヤジの小島だが、指導者資格は現在もB級ライセンスのまま。(注:のちS級ライセンス取得)今ひとつ監督業に気持ちが向かわないのは、先輩監督連の苦労を間近で見過ぎたからなのかもしれない。

「現場に出るためには、もう一回脇腹の贅肉全部取らないと。凝り性だからそうなった時は、凄く凝ると思うんですよ。ただモチベーションが沸々と湧くまでは、暫くこうやって生計を立てながらということですね。周りの人に支られる部分がいかに大きいか。それを今放送の現場やザスパ草津の湯煙の中で学んでいますよ」
(文中敬称略・この項、了)
IMG_2776
初出:『サッカーマガジン』(ベースボール・マガジン社)2006年8月29日号
連載「ぼくの蹴球殿堂」のタイトル「楽しき哉、我がGK人生)を改題
Photo by Reiko Iijima
illustration by S.Maruyama

※「サヤマ・リマスタリング」は毎週水曜日・金曜日に掲載予定です。