佐山一郎インタビュー(4/4)


──雑誌離れは読者ばかりではなく、かつての編集者たち、書き手たちも雑誌の現場から離れて行ってますか?

 僕らの年代の人は軽い気持ちで大学や専門学校で教えたがるんですよ。日々若い人に話したり教えなくてはいけないで、最低限の緊張感はあると思うんですけど、たいがいが昔の遊び人ならバカにして行かないような中途半端な所在地でしょ。往年の『新青年』について語るにしても、やはり山手線の内側じゃないと。富士山の麓も都心という感性には付き合いきれません。

 その一方で、ブックカフェやネット古書店へと仕事を変えていく友達も多いです。そういうずらし方はいいと思うけど、最近、流行っていて哀しいのは、雑誌休刊が真実なのに「Webに移行しました」という言い方。潔くないですよね(笑)。

──さて、そんな悪状況のなかで、『新青年』復刊構想らしきものは成立するのだろうか。そこではやはり事前の明確なプランニングが必要とされるのでは。

 おっしゃるように、いざやるとなれば、まずは大豪邸を建てるくらいの綿密な設計図が必要です。勢いでやるのではなくて、高度なシステムをちゃんと作っておかないと。最近はおカネのかからないアーカイヴ特集が流行りのようだけど、これから先は次第に濁り水が透明になるような気がしています。そのときに読者の劣化がどこまで進んでいるのか。あえて劣化していることを前提にして、嫌われることをしなくてはいけないのかもしれない。

──戦前、大きな人気を博したモダンでハイセンスな雑誌の商標権を獲得されたこと自体は、「雑誌愛」とでもいうべきロマンが大きいのではないかと思っています。

 いや、ロマンとリアリズムとは表裏一体ですよ。どちらか一方だけを言うほど愚かな話はないですから。だけど、日本人というのはホントに先達の築き上げたよき文化・芸術を大事にしませんね。じつのところ、商標権ごときで多少騒がれて少し重荷になってきています。元はと言えば、ほんの遊び心で調べてみたら、たまたま長いこと宙に浮いていたというだけの話ですから。変な輩が持つよりは、自分のほうがよほどマシというだけのことです。

『新青年』に限らず、いま雑誌を出すとなれば、そこにはかつてないほどの困難が付きまとう。そんななかで雑誌の最前線に立ち続け、その浮沈を見てきた佐山さんの言葉はなんとも言いがたい重さをもってこちらにも響いてきたのだった。
雑誌的人間
 氏の著書『雑誌的人間』のなかには、雑誌に関する次のような記述がある。
〈何を夢見たいなことを、と思われるかもしれませんが、雑誌づくりは元々がシンプルな営為。敢えて乱暴な言い方をすれば、テキストと図像と紙だけあれば成り立つ世界なんです。雑誌編集者の密かな愉しみは、さりげない仕掛けが時の経過とともに、単行本や展覧会となって実を結ぶときなのではないか──〉
 雑誌をめぐる状況は2、3年前の執筆当時と比べて、さらに悪くなっている。とはいえ、そこは雑誌を愛し続ける人。よい報せを心待ちにしたい。(この項、了)
nobody issue 30

初出:『nobody issue30』(2009年5月25日号)

※「インタビュー」は不定期更新です。