リーディング・ブックス ~書評再録(7)~

『ボギー・マン』
ジョージ・プリントン著 永井淳訳 東京書籍 1,650円
1302243661

ゴルフの本質に迫るための実参戦。
プリンプトンの「古典」に見るハンディ「18」。

 ガラパゴス化が携帯電話の世界でしばしばいわれてきたが、どうも日本のスポーツ・ライティングにも似たようなところがあるようだ。スポーツ・レポーターはあまたいても、今や書くものの多くは子どもの作文である。その競技ならではの本質や特異性、さらには競技者の精神構造までもを見通す作品は減りこそすれ、増えている気配はない。ベストセラーは大体がスポーツ界の有名人を立てたもので、その多くが構成者の力を借りた語りの文章化(代筆)による。

 日本の'80年代は景気が良かったこともあり、目をもっと外に向けていたように思う。文化が市場にへつらわない時代だった。『ナンバー』誌は、アメリカの『スポーツ・イラストレイティッド』誌と提携を結んでいたし、'88年には東京書籍から「シリーズ・ザ・スポーツノンフイクション」(片岡義男&小林信也編集)が刊行されている。

 4年半の歳月をかけて完結したそのスポーツ文学叢書にあっては、全15巻中の3冊がゴルフを題材にしたもので、今回とりあげる『ボギー・マン』は7巻目。ほかにもフランク・ベアードの『プロ』とクリスティらによるゴルフ・ミステリー傑作選『バンカーから死体が』が、いずれも小鷹信光(こだか・のぶみつ/1936-)の訳で刊行された。

 前者のフレコミは、《私はニクラウスでも、パーマーでもない、ただの一プロゴルファーだ。──平凡なゴルファーがついに賞金王になるまでの一年をつづった感動の日記》。後者は《ゴルフはウェイ・オブ・ライフだ!  魔のスポーツ、ゴルフに魅せられた男たちが巻きおこす事件の数々》とあって感慨深い。

『ボギー・マン』のフレコミはと言えば、《人気スポーツライターのプリンプトンがプロのゲームに紛れ込んだ! 七転八倒,抱腹絶倒の快作》。えっ、そりゃちょっとほめ過ぎじゃないのと思うものの、玄人受けという点でも申し分がなく、影響を受けたノンフィクション作家や編集者が少なくなかった。ジョージ・プリンプトン(1927.3.18-2003.9.25)は日本で人気を得られず残念だったが、その存在は依然として大きい。

 生粋のニューヨーカー、プリンプトンによる『ボギー・マン』(原題“THE BOGEY MAN”)のアメリカでの刊行は著者40歳の年、1967年。文芸編集者、CM出演、映画俳優となんでもござれのエリート作家として彼が人気絶頂の頃だった。前年刊行された『紙のライオン』で長身194センチのプリンプトンは実際にプロ・アメリカンフットボール・リーグのデトロイト・ライオンズに参加し、バックアツプのクオーターバックとしての実体験を綴っている。

 続く『ボギー・マン』においても同じ“パーティスペイト・ジャーナリズム”の手法が用いられ、PGAツアーのプロ・アマ大会であるビング・クロスビー・トーナメント(現・ヒューマナ・チャレンジ)とボブ・ホープ・クラシック(現・AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロ・アマ)に彼は挑戦する。そのハンディが、ごく平均的な「18」であるにもかかわらず……。

 若い日本のメディア観客からは、「あっ、突撃取材なんですね」とミもフタもなく返されそうだが、participateは、「関与」「参加」の意味で、出版界では“体験的ジャーナリズム”と訳された。

 二つの大会への参戦を通して綴られたのは、とかくの劇的で華々しい演出とは逆の静かで内省的なゴルフの本質。プリンプトンが身を挺して明らかにするのは自分自信のプレーまでをも含めたゴルフの真実全体である。そのため参戦することでの現実の緊張とプレッシャーは読み手と痛く共有される。アーノルド・パーマー(1929-)への貴重なインタビューも後半の重要部分だが、締め切りに追われている風情はみじんも感じられない。

 いま一つ特筆すべきは、奥深いゴルフ・ワールドを伝えんがための軽やかで鋭いユーモア。私自身は杉山通敬(1935-2008)や夏坂健(1936-2000)の一連のゴルフ・ライティングを愛する者だが、プリンプトン特有の少年性=アマチュア精神を失わんとする『ボギー・マン』のユニークさも捨てがたい。この本で彼が導きだしたのは、「ゴルフはあらゆる点で個人的なスポーツで、想像力の入り込む余地が多い」という結論だった。

 蛇足になるが、表題のボギー・マンは「おばけ」の意味で、「おばけのようにすごいゴルファー」転じて、じょうずな競技者のとるべき打数であるボギー(・スコア)の語源となった。洞察的な体験取材を続けるプリンプトンもまた(ハンディ「18」の)ボギー・マンなのだった。
 
(初出:『Free & Easy』(イースト・コミュニケーションズ)2012年5月号別冊

※「リーディング・ブックス」は不定期掲載です。