サヤマ・リマスタリング

薩川了洋が語る、1998年の“FCバルセロナ”体験(2/2)

 スペインの田舎にキャンプで行ったとき、「チャーリー、チャーリー」と現地の人に言われるから、おお、この監督、凄いんだなあ、と。人柄も良くて、ガーッと言わずにいつものほほんとしていた。

 とにかくディフェンスの練習をしないんですよ。4対2のボール回しからスタートして、5対3、5対4、7対6とか、一人フリーマンを置いた9対8。レシャックも入ると、これが結構、巧いんだよね。フリーマンを有効に使うときの顔の出し方や素早いパス出し、パス回しにこだわったね。数的有利作ってのことだから、はまると凄い。

 どっちかと言うと、3点取られても4点取り返しゃいいんだという感覚だったと思うんだよね。面白いサッカーだなとは思うけど、相手と1対1の局面になる確率が凄く高かった。自分の強さが見せられる訳だから、苦しい半面、面白いところは沢山あった。

 ところが、開幕戦でいきなり先発メンバーから外されたんですよ。その前の日に子供が産まれたから余計よく覚えている。オレ的には、よおっし、子供も産まれたから明日はマリノス倒すぞって言ってたからいきなり出鼻をくじかれてしまった。

 とにかくクライフが監督をしてたときに、コーチにしろ、選手にしろ、能力的に凄く高い人ばかりがこなしてきたシステムでしょ。おい、ここで同じ感覚でやるなよ、と(笑)。そのうちにこっちも完璧にカラダが慣れてきて、攻撃という面ではイケるサッカーなのかな、と思い出して……。レディアコフやフットレがドドドドーンと点入れる感覚が凄かったんです。横浜国際のピッチがぐちゃぐちゃになるくらい水撒かせて、ボールが回るようにしてたから。

 でも、試合終わると、きついんですよ。機転が利くタイプの選手がいればいいんだけど、オレ含めて、永井秀樹、原田武男、三浦淳とあんまりそっちのタイプじゃない。サンパイオや山(口素弘)もヘロヘロになっちゃったりで。とにかく走る距離が長いから。キーパーの楢(崎正剛)もその頃は出始めだったから、まだ守備範囲が狭かった。

 ああいう実験的なシステムには、時間もかかるよね。日本にそんなシステム持ち込んだのは、レシャックが初めてだったから。

 結論を言うと、攻めはいいけど、守りは素人みたいなことで、布陣に合う人材がいなくてうまくいかなかったんじゃないかな。それとレシャツク監督は、たぶん3-2とか3-4とかの取られて取り返す試合結果のほうが好きだったんだと思うな。

 レシャックが帰ったあとにエンゲルスが昇格したんだけど、ボール回しに関してはいい影響が残ったんじゃないかな。解散目前のフリューゲルスの天皇杯優勝は、もう気持ちだけで、戦術どうのの問題じゃなかった。いかにサッカーが気持ち次第かがよく分かりましたよ。

 個人的には、日本人に合うシステムということでは3バックのほうが確実のような気がする。ただし両サイドに能力の高い人がいればの話なんだけど。4バックはカバーのし合いだからコミュニケーションがより必要になってくる。将来的には自分も3バックの中をやってみたい。こう見えても、昔はスイーパーだったから。(この項、了)

初出:『サッカーマガジン』(ベースボール・マガジン社)2001年5月

※「サヤマ・リマスタリング」は毎週水曜日・金曜日に掲載予定です。