続・雑誌的人間

佐山一郎blog

リーディング・ブックス ~書評再録(6)~

『大停滞』 

 雇用を生まないITが招く悲しい現実


大停滞


 いまの気分そのもののタイトル(『大停滞』)に惹かれて扉を開いてみた。吸い込まれるように目に入ったのは、第3章の『インターネットはなにを変えたのか?』である。

 よって、第1章『容易に収穫できる果実は食べつくされた』と第2章『経済の生産性は見かけほど向上していない』は、いきなり後回し。ネット体験に関する〈中間総括〉がいいかげんあって当然という気持ちがはたらいたからである。

 49歳の著者コーエンは、ツイッター、ブログ、Webサイト、イーベイのオンライン・オークション、動画投稿サイトのYouTubeなどを世界中の人たちと同じように1ドルも出費せずに楽しんでいると記す。

 そもそもタイラー・コーエンらの運営する経済ブログ「Marginal Revolution」からして無料で読むことができるものなのである。著者もいうように拝金・物質主義的発想からの脱却という積年の願望は、実現されつつある。ただし大きな痛みを伴いながら……。

 コーエンの非凡さは、雇用と収入を生み出す力の小ささに目を向けたことだ。今日的イノベーションの価値を大いに認めながらも、彼としては近年の〈主なインターネット関連企業の雇用数(従業員数)〉を引き合いに出さざるを得ない。

 グーグルの2万人、イーベイの1万6400人は一見ふさわしい数字に見えるが、私の調べでも東芝、ソニーなどの従業員数(連結)と比べると桁が一つ一少ない。その後、2千人に増えたとはいえ、フェイスブックの場合は1700人。ツイッターに至ってはわずか300人。音楽産業においては、デジタル音楽の普及で多くの雇用が失われたにもかかわらず、iPodがもたらした雇用は小売り部門と開発部門を含めてわずか1万3920人。雇用の純増分は微々たるものだと喝破する。

「近年のアメリカ経済でジョブレス・リカバリー」(雇用拡大をともなわない景気回復)」が起きている理由の一端は、ここにある」とインターネット普及後の果実の小ささとを重ね合わせる著者は、期待外れな結果はアメリカ一国にとどまらず世界の国々の政府債務危機にも表れていると記し説得力がある。

 第2章ではアメリカの急成長部門である政府支出・教育・医療の部門が再検討される。発表されたGDPなどの数値よりも生活実感として貧しい上に、生産性も進歩の度合も怪しいという指摘である。読み手の中の「内なるエコノミスト」の部分が生身の人間でもあるエコノミスト、コーエンによって刺激される。

 目からウロコの3章にほだされて私は本書を批判がましく読まずに済んだわけだが、エコノミストには本物の処方箋が求められている。収穫の果実が消滅しつつあるこの大停滞=「新しい現実」をニュー・ノーマルとして、理性と科学技術の重要性を理解することで対処しよう。さあ、難しい問題に向き合おう──が結語では合意できない読者も出てくるだろう。天気予報のタレントですらそこまでノーテンキではない。

 本書はいわば希望装いの悲観的経済書。「滅多に当たらない気象予報士」を彷彿とさせるエコノミスト諸氏にはない潤度の高さが魅力である。ただ、経済学の日常生活への応用に熱心になり過ぎると、自己啓発書につきものの悪臭がたちこめることにも。

「日銀デフレ」批判の論客として知られる経済学者若田部昌澄まさずみによる専門解説──〈「夢の未来」が失われた後の経済学〉が付き、冒頭にも絶賛書評の各紙(誌)ダイジェストを載せている。コンパクトな本づくりに一工夫があり、「物事が昔のようにうまく行かない」──と苦々しげにつぶやく人にとってのとりあえずの鎮痛剤にはなりそうだ。

Tyler Cowen=1965年、米国生まれ。米ジョージ・メイソン大学経済学部教授。2011年、英エコノミスト誌で「今後最も世界に影響を与える経済学者の一人」に選ばれた。
 
初出:『週刊朝日』(朝日新聞出版社)2011年12月30日号

※「リーディング・ブックス」は不定期掲載です。 

サヤマ・リマスタリング

薩川了洋が語る、1998年の“FCバルセロナ”体験(2/2)

 スペインの田舎にキャンプで行ったとき、「チャーリー、チャーリー」と現地の人に言われるから、おお、この監督、凄いんだなあ、と。人柄も良くて、ガーッと言わずにいつものほほんとしていた。

 とにかくディフェンスの練習をしないんですよ。4対2のボール回しからスタートして、5対3、5対4、7対6とか、一人フリーマンを置いた9対8。レシャックも入ると、これが結構、巧いんだよね。フリーマンを有効に使うときの顔の出し方や素早いパス出し、パス回しにこだわったね。数的有利作ってのことだから、はまると凄い。

 どっちかと言うと、3点取られても4点取り返しゃいいんだという感覚だったと思うんだよね。面白いサッカーだなとは思うけど、相手と1対1の局面になる確率が凄く高かった。自分の強さが見せられる訳だから、苦しい半面、面白いところは沢山あった。

 ところが、開幕戦でいきなり先発メンバーから外されたんですよ。その前の日に子供が産まれたから余計よく覚えている。オレ的には、よおっし、子供も産まれたから明日はマリノス倒すぞって言ってたからいきなり出鼻をくじかれてしまった。

 とにかくクライフが監督をしてたときに、コーチにしろ、選手にしろ、能力的に凄く高い人ばかりがこなしてきたシステムでしょ。おい、ここで同じ感覚でやるなよ、と(笑)。そのうちにこっちも完璧にカラダが慣れてきて、攻撃という面ではイケるサッカーなのかな、と思い出して……。レディアコフやフットレがドドドドーンと点入れる感覚が凄かったんです。横浜国際のピッチがぐちゃぐちゃになるくらい水撒かせて、ボールが回るようにしてたから。

 でも、試合終わると、きついんですよ。機転が利くタイプの選手がいればいいんだけど、オレ含めて、永井秀樹、原田武男、三浦淳とあんまりそっちのタイプじゃない。サンパイオや山(口素弘)もヘロヘロになっちゃったりで。とにかく走る距離が長いから。キーパーの楢(崎正剛)もその頃は出始めだったから、まだ守備範囲が狭かった。

 ああいう実験的なシステムには、時間もかかるよね。日本にそんなシステム持ち込んだのは、レシャックが初めてだったから。

 結論を言うと、攻めはいいけど、守りは素人みたいなことで、布陣に合う人材がいなくてうまくいかなかったんじゃないかな。それとレシャツク監督は、たぶん3-2とか3-4とかの取られて取り返す試合結果のほうが好きだったんだと思うな。

 レシャックが帰ったあとにエンゲルスが昇格したんだけど、ボール回しに関してはいい影響が残ったんじゃないかな。解散目前のフリューゲルスの天皇杯優勝は、もう気持ちだけで、戦術どうのの問題じゃなかった。いかにサッカーが気持ち次第かがよく分かりましたよ。

 個人的には、日本人に合うシステムということでは3バックのほうが確実のような気がする。ただし両サイドに能力の高い人がいればの話なんだけど。4バックはカバーのし合いだからコミュニケーションがより必要になってくる。将来的には自分も3バックの中をやってみたい。こう見えても、昔はスイーパーだったから。(この項、了)

初出:『サッカーマガジン』(ベースボール・マガジン社)2001年5月

※「サヤマ・リマスタリング」は毎週水曜日・金曜日に掲載予定です。

このページのトップヘ